妊娠初期の便秘

妊娠中の便秘対策にオススメのオリゴ糖


妊娠初期の便秘は、ホルモンバランスの変化、つわり、ストレスなどが原因で起こります。赤ちゃんへの影響を考えると便秘薬は使いたくないですが、食事や生活習慣の改善はむずかしいですよね。


そこでオススメなのが、高純度のオリゴ糖製品である「はぐくみオリゴ」。


5種類のオリゴ糖がブレンドされており、その純度はなんと 100%!天然成分のみでつくられているので、余計な添加物は一切はいっておらず、赤ちゃんへの影響の心配はいりません。


価格も初回は 1,840円(2回目以降は 2,944円)と非常に経済的で、10日間の返金保証もついているので、通販ならではの不安もありません。満足率 97.2%というのも納得の高純度オリゴ糖製品なのです。


腸内の善玉菌を増やすことで腸内環境を改善して、自然なお通じへと導くオリゴ糖。そのオリゴ糖がたっぷり含まれた「はぐくみオリゴ」で、妊娠初期の便秘対策をしてみませんか。


わたし自身も定期購入している「はぐくみオリゴ」。妊娠初期のガンコな便秘に悩む女性に、強くオススメします。


はぐくみオリゴの公式サイトはこちら


妊娠初期に便秘になる理由


妊娠初期に便秘になる理由として大きいのが「黄体ホルモンの分泌」です。


黄体ホルモン(プロゲステロン)は女性ホルモンのひとつで、排卵後から生理前にかけて、また妊娠中に分泌が増えるホルモン。黄体ホルモンには、妊娠を継続させるという重要な働きがあります。


妊娠中には必須のホルモンなのですが、便秘への影響も大きいのが特徴。腸のぜんどう運動を抑制するので、ウンチが腸内をうまく移動せず、その結果として便秘になってしまうのです。


また、つわりによる水分不足とウンチの材料不足、出産に対する不安やストレスによる自律神経の乱れ、運動不足などがかさなって、妊娠初期は非常に便秘になりやすく、また長続きしやすい時期なのです。


便秘薬は使ってはいけない


妊娠中に便秘になった場合、やってはいけないのが便秘薬の服用。


特に刺激性成分であるセンナ、ダイオウ、アロエなどを含む下剤は、子宮を収縮させて流産や早産をまねく危険性があるので、絶対に使ってはいけません。


同じ刺激性下剤のなかでも、ジフェニルメタン系と呼ばれるものは妊娠中にも処方されることがあるようですが、もし使うとしても酸化マグネシウムなどの塩類下剤にしておくのがオススメです。


妊娠とは、新たな命を育むこと。注意し過ぎるに越したことはありません。間違っても、妊娠前に使っていた市販の便秘薬の服用はしないようにしてください。かならず医師に処方してもらいましょう。


食事や生活習慣に気をつける


妊娠初期にかぎらず、便秘解消に有効なのが食事や生活習慣に気をつけるということです。


穀類や豆類、海藻類、オリゴ糖や食物繊維を豊富に含む食材をつかって、栄養バランスのとれた食事をとること。そして腸内環境の悪化をまねく肉類の摂取は控えめにして、植物性タンパク質である大豆をきちんと摂ること。


そういった食事内容に気を配ることでも、便秘解消に近付くことができます。


特にオリゴ糖と食物繊維は大事です。オリゴ糖は腸内環境を良くするビフィズス菌を増やす効果がありますし、食物繊維は便を増やしたりやわらかくしたりして、排便をうながす作用があります。


スムーズな排便には生活のリズムも必要です。毎日、朝ごはんを食べたあとにトイレに向かう。規則正しい生活を送る。ストレスを緩和するようつとめる。できる範囲で運動をする。早めに寝る。


そういった生活におけるちょっとした意識と行動が、妊娠初期の便秘の解消につながります。


妊娠初期には、つわりや眠気などのツライ症状が続く場合がありますし、また新たな命を産むことへの不安やストレスが高まる時期でもあります。しかし、日々の生活をきちんと送ることは大切です。


食事内容の見直し、生活習慣の改善などをおこない、妊娠初期のガンコな便秘に立ち向かいましょう。


オリゴ糖で腸内環境を改善する


なるべく便秘薬を使わないで解消したい、妊娠初期の便秘。


下剤を服用しないで症状を改善しようとすることは大事ですが、とはいっても、食事や生活習慣に気をつけるだけで便秘を解消しようというのは、けっこう難しいものです。


生活習慣の改善は、普段でもなかなか実践できないものなのに、つわりやストレスなどで大変な妊娠初期に、それをおこなうのはさらに難しいもの。心が折れてしまうこともあるかもしれません。


それではどのような方法をとれば良いのでしょうか。


妊娠初期にラクに実践できて、便秘解消に効果のあるものといえば「オリゴ糖」です。先ほどもサラッと説明しましたが、オリゴ糖には腸内環境を改善する効果があります。


腸には消化吸収を助けたり、排便をうながして整腸作用を発揮したりする「善玉菌」がすんでいます。善玉菌はスッキリした排便の助けになるのですが、便秘時には悪玉菌が優勢になり、善玉菌は減ってしまいます。


善玉菌が減ると悪玉菌が勢いづくので、よりいっそう腸内環境は悪化してしまいます。しかし、腸内環境を良くして善玉菌を増やすことができれば、この悪循環を断ち切ることができます。


腸内環境を改善するのに活躍するのが、オリゴ糖。オリゴ糖には、善玉菌の 99.9%をしめるビフィズス菌を増やす効果があるのです。


オリゴ糖はビフィズス菌を増やすだけでなく、ビフィズス菌によって分解されることで、腸内に乳酸と酢酸が発生します。それらの酸が腸のぜんどう運動を促進したり、悪玉菌を減らしたりします。


それによって腸内環境が改善されたり、正常なぜんどう運動がおこなわれたりして、便秘解消へとつながっていくのです。


オリゴ糖は天然成分なので、便秘薬のような副作用はありません。人間にはほとんど消化できず、吸収されずに腸に届くので、カロリーも気にしなくて大丈夫。


母乳にも含まれる成分なので、赤ちゃんへの影響も気にしなくて良いです。それでいて腸内環境をしっかり改善するという効果があるのですから、妊娠初期のおなかの強い味方だといえます。


オススメのオリゴ糖製品


妊娠初期の便秘解消の強い味方であるオリゴ糖ですが、欠点もあります。それは、ふつうの食事ではなかなか補えないということ。


オリゴ糖は玉ねぎやゴボウ、大豆、甜菜などの食品、ほかの食品よりは多く含まれますが、その絶対量はわずかしかありません。つまり、食事から摂取するのがきわめて難しい成分なのです。


そこでオススメしたいのが、オリゴ糖を凝縮した、オリゴ糖製品です。主成分がオリゴ糖なので、食事で摂るよりもはるかに効率的に、大量のオリゴ糖を摂取することができます。


しかし、スーパーなどで売られている市販のオリゴ糖製品は、甘味料としてつくられているため、オリゴ糖の含有量が 30%に満たなかったり、余計な添加物がはいっていたりします。


妊娠初期には、なるべく添加物はとりたくないもの。赤ちゃんへの影響を考えると、添加物の多いオリゴ糖製品はオススメできません。


ではどうすれば良いのかというと、市販されているものではなく、通販で買えるオリゴ糖製品を使えば良いのです。


通販のものは甘味料としてではなく、オリゴ糖を摂取することが目的の人向けにつくられているため、非常に高純度のものがあるのです。そのため妊婦さんには、特にオススメです。


オリゴ糖製品のなかでわたしがオススメするのは「はぐくみオリゴ」です。


「はぐくみオリゴ」にはガラクトオリゴ糖やフラクトオリゴ糖など、5種類のオリゴ糖がブレンドされており、オリゴ糖の好き嫌いがあるとされるビフィズス菌に対して、1種類だけの場合より有効に働きます。


そして注目すべきなのが、その純度。「はぐくみオリゴ」はなんと、オリゴ糖の純度が 100%なのです。そのため余計な添加物なども一切はいっておらず、妊娠初期でも安心して摂れます。


通販はお金のやり取りなどがすこし心配と思うかもしれませんが、10日間の返金保証があるので、不安になる必要はありません。試してみて良くなければ、返金してもらうことができます。


にんにく 10個分、バナナ 10本分、ねぎ 15本分のオリゴ糖を、スプーン 1杯で摂ることのできる高純度のオリゴ糖製品ですが、初回価格は 1,840円で送料無料。1日あたり約 60円という安さです。


アンケート結果によると 97.2%が満足したという、高純度のオリゴ糖製品「はぐくみオリゴ」で、妊娠初期の便秘対策をしてみませんか。ぜひスッキリを実感してみてください。


はぐくみオリゴの公式サイトはこちら

更新履歴