妊娠初期の便秘の原因

妊娠初期の便秘のおもな原因


妊娠初期というのは、黄体ホルモンの分泌による腸の動きの低下、つわりによる水分不足やウンチの材料不足、運動不足、ストレスなどいろいろな要因が重なり、便秘になりやすい時期です。


まずは妊娠初期の便秘の原因を知り、適切な対処法を実践できるように準備をしましょう。


黄体ホルモンの分泌による腸の動きの低下


生理前や妊娠中には、女性ホルモンのひとつ「黄体ホルモン」の分泌がさかんになります。


腸は筋肉の弛緩と収縮を繰り返す「ぜんどう運動」という動きで、腸内の内容物(ウンチのもと)を先へ先へと移動させていきます。この動きがスムーズかどうかで、排便の良し悪しが決まります。


黄体ホルモンには、腸のぜんどう運動を抑える作用があります。そのため、黄体ホルモンの分泌が増える妊娠中に便秘になりやすくなるのです。


ぜんどう運動が弱くなると、便を先へと移動させるチカラが弱くなり、便が長く腸のなかに滞留することになります。そうなると悪玉菌が増殖して、腸内環境が悪くなってしまいます。


また、腸壁から水分が吸収される時間が長くなることで、硬い便になってしまいます。便が硬いとなかなか出ませんし、いきむのは赤ちゃんへの影響も心配です。さらに肛門を傷つけて、痔になることもあります。


腸の動きは見えないものですし、なかなか自覚しにくいものですが、非常に大事なカラダの機能のひとつなのです。


つわりによる水分不足


妊娠初期には、激しいつわりに見舞われる場合もあります。食べ物の見た目、臭いなどすべてがイヤになり、吐き気をもよおすということもあるかもしれません。


つわりによって水分を吐きだすことで、腸内の水分が減少してしまい、便が硬くなります。硬い便はスムーズに移動しませんし、排便時に肛門を傷つける原因になります。


さらに、つわりによって食べ物を吐き出すと、便の材料が不足します。便がある程度の量にならないと便意をもよおさない仕組みになっているため、便秘がちになってしまうのです。


眠気による運動不足


妊娠初期には、つわりのほかにも眠気やだるさなどのカラダの不調が出ることがあります。


これも黄体ホルモンが影響しているのですが、強い眠気があり 1日中ベッドに横たわっているということもあるかもしれません。そうすると運動不足になり、腸の動きが悪くなり、便秘になりやすくなります。


女性はもともと腹筋が弱く、外部から腸の動きをサポートしにくいという身体上の特徴があります。それが運動不足によって助長されて、いっそう便を排出するチカラが弱まってしまうのです。


出産に対する不安からくるストレス


出産に対する不安やストレスも、腸の動きを鈍くします。


腸のぜんどう運動をになっているのは、カラダの動きを無意識でコントロールしている自律神経のひとつ「副交感神経」です。


もうひとつの自律神経である「交感神経」と交互にバランスをとりながら働いているのですが、ストレスが強くなると交感神経が優位な状態が長くなり、副交感神経が優位になるタイミングが短くなります。


そうすると、副交感神経がつかさどっているぜんどう運動は鈍くなり、便がスムーズに移動せず、便秘がちになってしまうのです。


出産や子育てに対する不安、つわりや眠気などによるストレスなど、妊娠初期にはいろいろな心労が重なります。便秘になるとよりストレスが大きくなりますので、うまくコントロールする術を身につけましょう。