乳酸菌の種類と効果

乳酸菌のいろいろな種類と注目の効果


善玉菌にはおもにビフィズス菌とそのほかの乳酸菌があり、善玉菌の 99.9%はビフィズス菌です。そのため、乳酸菌はそれほど必要ないのではないか?と思われますが、そうではありません。


研究により、継続摂取によって整腸効果が認められたり、花粉症の症状が緩和したり、免疫細胞が全体的に活性化したりする乳酸菌がたくさん確認されています。


ここでは、いろいろな種類の乳酸菌と、それぞれの効果について説明します。


いろいろな乳酸菌


ビフィズス菌に「ビフィダム菌」「ロンガム菌」「ラクティス菌」などの種類があるように、乳酸菌にもさまざまな種類があります。


たとえば「ラクトバチルス属」の菌は乳酸桿菌といって、棒状のカタチをしています。「ラクトコッカス属」の菌は乳酸球菌で、まるいカタチをしています。ほかにもエンテロコッカスなど複数あります。


それぞれの菌種にいろいろな菌株があり、菌種や菌株によって酸に対する強さや効能が違います。以下に、代表的な乳酸菌の種類をとりあげます。


ビフィズス菌と乳酸菌


乳酸菌の種類について説明する前に、ビフィズス菌と乳酸菌の違いを確認しておきましょう。


ビフィズス菌とは、分類学的には「ビフィドバクテリウム属」に属する細菌の総称で、ヘテロ乳酸菌の仲間です。対して、そのほかの乳酸菌は「ホモ乳酸菌」といいます。


乳酸菌が乳酸をつくるのに対して、ビフィズス菌は乳酸と酢酸をつくりだします。酢酸は乳酸よりも殺菌効果が高いとされており、より高い整腸効果があると考えられています。


ビフィズス菌は偏性嫌気性菌といって、酸素のあるところでは生息できず、また胃酸などの酸に弱いとされています。乳酸菌は酸素のあるところでも生息できる通性嫌気性菌で、酸に強い種類もあります。


そして、腸内における存在感もちがいます。善玉菌の 99.9%はビフィズス菌であり、乳酸菌は 0.1%以下という割合になっています。


このように、乳酸菌としてひとまとめにされがちな善玉菌ですが、ビフィズス菌と乳酸菌にはいろいろな違いがあり、基本的にはビフィズス菌を増やすことが妊娠初期から続く便秘の解消に有効です。


とはいえ、乳酸菌には効果がないわけではありません。乳酸菌は乳酸をつくり悪玉菌の増殖を抑えるとともに、腸を刺激することでぜんどう運動を促進して、便秘解消へと導きます。


また、免疫細胞を刺激して、カラダの抵抗力の向上に寄与することがわかっています。


プラズマ乳酸菌


プラズマ乳酸菌は、キリンと小岩井乳業が発見して、共同開発している乳酸菌の通称です。正式には「ラクトコッカス ラクティス JCM5805株」といいます。


これは、ラクトコッカス属ラクティス菌という菌種の、JCM5805株という菌株であることをあらわしています。ちなみに菌株名は、発見者が自由につけられるようになっています。


プラズマ乳酸菌のすごいところは、いままでの乳酸菌が一部の免疫細胞しか活性化しなかったのに対して、プラズマ乳酸菌は免疫系の司令塔のような存在の pDC を活性化するというところです。


pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)が活性化することにより、ナチュラル・キラー細胞、キラーT細胞、B細胞などのいろいろな免疫システムが活性化するので、抵抗力が向上すると考えられます。


研究によって、継続摂取によって風邪やインフルエンザのような症状が軽減したり、アンチエイジング・寿命延長したりするという成果が見られています。


プラズマ乳酸菌研究レポート | キリン


BifiX(ビフィックス)


BifiX(ビフィックス)は、グリコが見つけ出したヒト由来のビフィズス菌です。正式には「ビフィドバクテリウム ラクティス GCL2505株」といいます。


ビフィックスのすごいところは、生きたまま腸まで届き、お腹のなかで10倍以上に増加するというところです。一般的なビフィズス菌とくらべて、増殖スピードが早いのが特長です。


ビフィックスの継続摂取により、腸内のビフィズス菌数が優位に増えること、排便の回数が増えること、ウンチのなかの腐敗産物が優に減ることが研究で確認されています。


ビフィズス菌BifiX(ビフィックス)| グリコ乳業株式会社


※ グリコの公式サイトには上記のように書いていますが、おそらく正確には「ビフィドバクテリウム アニマリス 亜種 ラクティス GCL2505株」だと思います。